自分の本来の姿に気付きました

M様

10年位前から右側の腎のあたりの腰痛をもっていますが、何をやってもなかなか改善しませんでした。深い所の懲りがなかなか取りきれないと、色々な方には言われてきました。
 
そこで、友人にシャンティさんを紹介され、伺いました。
 
シャンティさんは、想像以上に柔和な方でホッとしました。セッションも安心して何でも話すことができました。
 
身体の痛みをとることが目的でしたが、お話をしていくうちに、人生の歩みを鳥瞰図で見ているような気分になりました。
 
心の奥底にしまいこんでいた子どもの頃の悲しみに気づき、涙し、もう一度受け止めることもできました。
 
仕事を辞め、次なる一歩に自信のない日々でしたが、自分を肯定し、一歩を踏み出そうとまで思えるようになりました。
 
腰の痛みの原因が自分の感情から来ているものだったということも、合点がいきました。自分のネガティブな感情が身体を縛っていたのかもしれません。
 
そして、見えないけれど自分をサポートしてくれている存在がおられるというのも嬉しいですね。
 
これから、新しい仕事に向け歩み出します。
 
自分が本当に望んでいることは、サポートしてくれる存在が応援してくれていると思えるからです。
 
「○○しなければ。」という考えから、「○○したい。」の人生をこれからは楽しみます。
そんな前向きな自分にさせてくれたシャンティさんに感謝します。
 
セッション後の先日、気功と鍼灸の先生に「腎の陰虚が、今日は感じられないね。」と言われました。 腰の張りはまだ少し残っていますが、身体が変化してきています。
 
この身体は私へのメッセージだと思うと、愛おしささえ感じます。なぜならば、不調があったからこそ選んだ次の仕事だからです。
 
身体や心の不調からメッセージを聞いて、自分の本来の姿に気づかせてくれるシャンティさんのセッションを皆様にお勧めします。勇気づけられ、人生が楽しく思えることでしょう。